妊娠を成功させたい女性の味方になる

Folic Acid.Net

サプリ

飲むと効果的なタイミング

妊活中の女性が守るべき葉酸摂取量

結果から言うと、妊娠を望む女性が摂取する量としては1日400μg(マイクログラム)とされています。この一定量を摂取していると、妊娠した子どもが先天性の病気を患うリスクが大幅に軽減する可能性があるのです。1日の中でいつ服用したらいいのか、と悩ましいものですが、最も推奨されているタイミングは食後です。吸収率が高いタイミング故に、望ましいほどに葉酸のパワーを期待できるでしょう。

普段の健康生活にも葉酸が効果テキメン

葉酸は妊娠・出産を経た子育て中のママにも最適な栄養素になります。現在妊娠を希望していない、かつ妊娠していない女性なら、妊活中の女性と比較して少なめの330~350μgの摂取で充分です。妊娠に限らず、私達が健康的に過ごす為のアミノ酸やビタミンも豊富に含まれているので、健康体をキープする秘訣にもなるでしょう。特に、授乳中の女性の場合、赤ちゃんに栄養を搾り取られるため、なるべく摂取を怠らないことです。

時計

毎日飲み忘れないようにタイマーセット

1日の摂取量を守るなら、数回に分けて葉酸を摂取しても大丈夫です。食品からではなくサプリメントから摂取する場合には、摂取量が分かりやすいので自分の好きなタイミングに服用するといいでしょう。栄養たっぷりの母乳を赤ちゃんに与える授乳中のママは毎日続けて服用することを意識づけましょう。服用するタイミングにタイマーセットするのも一つの手です。

葉酸サプリの摂取目安を知ろう

妊娠前・妊活中

妊娠していない女性(一般女性)から妊活中の女性は、だいたい1日あたり200ugが目安。標準的に必要な摂取目安であり、男性でもこれくらいの葉酸摂取が望ましいです。特に妊活中であれば、夫婦でこの目安量の葉酸サプリを意識して健康的な体づくりを目指しましょう。

妊娠前期(12週まで)

妊娠前期は赤ちゃんの臓器をつくる大事なタイミングであり、安定期に入るまでに土台をしっかりしておかなければいけない時です。この時の目安は1日あたり400ugぐらいになり、しっかりと栄養摂取をする必要があるでしょう。つわりなどで食事が時のことを考慮して、葉酸サプリを活用するのがおすすめです。

妊娠中期(27週まで)

安定期に入り、食事バランスも調整しやすい時期です。しかし、油断していると、流産リスクが高まることもあるため栄養管理はしっかり行なう必要があります。この時の目安は1日あたり400ugぐらいになるため、食事で摂取する葉酸量と調整することがポイントです。

妊娠後期(40週まで)

妊娠後期は出産に向けて最終段階に入ります。しかし、赤ちゃん自体は十分に育っているので、必要以上の栄養摂取は妊娠中毒症になってしまう恐れがあります。目安は1日あたり280~300ugくらいなので、葉酸サプリの摂取量を徐々に減らすようにしていきましょう。

出産後・授乳中

出産後は産後回復と授乳の出をよくするために栄養摂取が必要です。しかし、過剰な摂取は体にマイナスなので、だいたい妊娠後期くらいを目安に摂取するといいでしょう。特に産後は体質が変わり、貧血になりやすい女性も多いので鉄分やカルシウム不足を補うようにして飲むのがおすすめです。

サプリメント

葉酸サプリで喜ぶママ続出

葉酸サプリは多くの妊婦や妊活中の女性が摂取している栄養サプリであり、実際にいろんな健康効果を実感している人が多いです。では、実際にどういう健康効果や生活習慣の変化が見られたのか、具体的に見ていきましょう。

念願のママになれた喜びは計り知れない!

私はこれまでお酒やタバコを辞められずにいました。そんな自分自身がママになるなんてことは予想だにしなかったこと。でも赤ちゃんはやってきたんです。これは一世一代のチャンスだと、すっぱりお酒とタバコを断ち切り、その変わりに葉酸を摂取するようにしたらみるみる体の調子は良くなっていきました。摂るべき栄養素はしっかり摂ることが大切なんですね。私に健康の大切さを教えてくれた我が子と葉酸に感謝しています。

初の葉酸購入は緊張したけど今は大丈夫。

私はどうしても自分の子どもを生みたかったので、自分の妊娠力を高める為にも意を決して葉酸サプリを服用することを始めました。最初の内はあまりにも数が多すぎて迷いましたが、一つ一つ口コミや体験談を見るとどれが自分に合っているのかが見えてきて、妊娠した今でも服用を続けています。今はまだ見ぬマイベビーに会える日を楽しみにしています。